幸せなこだわり|アルケミストレシピ|ビューティーマインドフルネス®︎
生活,  人生

幸せなこだわり

Belief & Value

LINEやInstagramにも書いたのですが、新しいサングラスを購入しました。
新しいと言っても、以前も持っていたのと同じものを。

実は3月から4月にかけて、なぜか立て続けにお気に入りのサングラスを紛失して、、、

普段あまり物を置き忘れたり、失くしたりする方ではないので、たった一ヶ月程度の間に2個も3個となると、意外とショックなものです。
※とはいえ子供の頃、大事なものを失くすと「それは、きっとあなたの身代わりになってくれだんだよ。何か大変なことが起こる前に、それがあなたの身代わりとなって守ってくれたのだから、むしろ感謝しなさい。」と教わってきました。おかげで昔からそういうときの立ち直りだけは早いのかもしれません(笑)

緊急事態宣言が発令されて解除されるまでのおよそ2ヶ月間は、ほぼ引きこもっていたので、すっかり忘れていましたが、ここにきて急に欲しくなり、ほぼ全て同じものを再購入。自分で思う以上に気に入っていたのか、それとも縁があるのか…。

きっとその両方。そこには、何かしらの“こだわり”があるのでしょう。

こだわりは、人それぞれ様々です。趣味やファッション、食などへのこだわりはもちろん、生き方や働き方、結婚や恋愛の条件、あるいは友人や家族との関わり方など、その他にも人それぞれにこだわりのポイントは無数にあります。
※こだわりがないというのも、また一つの“こだわり”でしょう(笑)

そんな数多あまたあるこだわりも、大きくわけるとたった2つです。それは「幸せなこだわり」と、そうではない「不幸せなこだわり」です。

あなたのそのこだわりは「幸せなこだわり」ですか?それとも…

「こだわり」とは、何かに対する“執着”あるいは“強い思い入れ”です。当然ながら、これには良い側面とそうではない側面があります。

まず良い側面、つまりメリットは、
・普通の人が軽視しがちなことでも本当に大切なことを大切にできる。
・他者が気にも止めないような些細なことでも必要なことに気づける。
・望ましい目標へ向けて、徹底した追求、妥協のない選択ができる。
という点です。

一方でそうではない側面、デメリットは、
・気にしなくてもいいようなことを気にしてしまう。
・不必要なことに囚われて、思考と行動の自由を制限してしまう。
・他者の意見を受け入れられず、狭量に(器が小さく)なってしまう。
・他者の考えや行動に難くせをつけてしまう。
などが挙げられます。

そう、あなたが今もっているそのこだわりが「幸せなこだわり」かどうかは、これらのメリットを十分に享受できているかどうか、良い側面を十分に発揮できているかどうかでわかります。

「不幸せなこだわり」は、大切なあなたの未来を奪います。

周囲の人たちの話に耳を傾けると、世間を見回してみると、そこには悩みを抱えた人を邪魔するその本人自身の様々な“こだわり”があることに、あなたも気づくのではないでしょうか。

相手の条件にこだわって結婚や恋愛が上手くいかない人や、仕事の内容やステイタスにこだわって収入に悩む、あるいは収入にこだわってやりたいことができないことに悩む人、またすでに過ぎ去った過去にこだわって、未来へ進めない人。そして「バカにされたくない」ことにこだわって、他者に攻撃的になったり、素直に意見を受け入れられない人や、「人に負けない」ことにこだわって、快く誰かを応援できなかったり、他者の足を引っ張るようなことをする人もいます。

こだわり自体は様々ですが、全てに共通することは、必要のないことに莫大な時間とエネルギーを取られてしまっている点です。そしてそこには決まってネガティブなフィーリング(自己嫌悪、他者非難、嫉妬、怒り、焦り、苛立ち、不安、絶望感など)がついて回るのです。これではどんなタフな人も疲れてしまい、本来もっと考えることも行動することもできたはずの「望ましい未来」に集中することが困難になります。

「不幸せなこだわり」とは、そんな大切なあなたの時間とエネルギーを無駄にさせる、あなたが本当に望んでいるものに比べたらどうでもいい、取るに足らない執着のことです。ときにそれは、ちっぽけな意地や面子や見栄であることもあります。他者から見て大きいか小さいかは問題ではありません。それこそどうでもよいことです。あなたが小さなことを自ら大きくしてしまっていることが常に問題なのです。

そうです、今この瞬間も「不幸せなこだわり」は、大切なあなたの未来を奪い続けています。

あなたのそのこだわりは、あなたから大切な素晴らしい未来という可能性を奪っていませんか?

「幸せなこだわり」は、いつでも良いフィーリングを与えてくれます。

自分が本当に望む生き方や働き方を選択できているとき、大切な人生の目標へしっかりと進み始めているとき、きっとあなたはとても良いフィーリングで満たされているはずです。そして、そんなあなた自身を誇らしく感じているでしょう。

「幸せなこだわり」もこれと同じです。
たとえ他人から皮肉を言われても、笑われても、相手にされなくても、きっとあなたは自分が大切にしていることを大切に思えるでしょう。そして、他の誰よりもいつでも必要なことに気づくことができ、自分の考え方に揺るぎない自信をもつことができているかもしれません。あるいはワクワクしながら目標に向かい、妥協のない適切な行動を選択していると確信しているでしょう。もしくは、好奇心で満たされ、それを楽しみながら徹底して追求できているはずです。

あなたのそのこだわりが「幸せなこだわり」かどうか、それはあなた自身が望んでいる未来を手に入れるために必要かどうか、役に立っているかどうかで決まります。

こだわりは、あなたが想像する未来のあなた自身と交わす約束です。

“こだわり”って性格?

上手くいかない人の多くは、こだわりを変え難い自分の性格と思ってしまっています。でも上手くいっている人は皆、それは単に「こだわる」という行動の一つに過ぎないことを知っています。そして、何にこだわることが最も良いか、その行動を常に自ら選択しているのです。

では、どのようにしたら「不幸せなこだわり」に気づくことができるでしょう?どのようにしたらもっとたくさんの「幸せなこだわり」をもつことができるでしょうか?

最後に「幸せなこだわり」をもつために必要な3つのことをお伝えします。

「幸せなこだわり」をもつために必要な3つのこと。

  1. 私のルールは、私のルール。あなたのルールは、あなたのルール。

    こだわりとは、人それぞれが自分自身の中で勝手に決めている独自ルールのようなもの。ルールをもつことは人それぞれ自由ですが、「私のルールはあなたのルール(私のルールはあなたも守ってください)」という姿勢では…自分のルールを相手も守ることを期待したり、それを当然と思ってしまったら、それが人間関係のストレスやトラブルの元になっていることは多くの方がすでによくご存知でしょう。「あなたのルールは私のルール(あなたのルールは私も守ります)」…相手のこだわりに合わせるのも、自分がそうしたいだけなのであれば良いですが、「かわりにあなたも私のルールを守って!」となるのであれば問題です。

    私のルールは、私のルール。あなたのルールは、あなたのルール。(私のルールは私が守ります。あなたのルールはあなたが守ってください。)」という姿勢が大事です。

  2. なりたい自分、在りたい自分を明確に。

    こだわりは、あなたが想像する未来のあなた自身と交わす約束です。ですから、「幸せなこだわり」は、あなたが想像する“望ましい未来のあなた自身”と交わす必要があります。

    そこにこだわることは、あなたが望む未来のあなたの役に立っていますか?確認してみましょう。

  3. 「何にこだわるか」自ら選択する。

    人は自分の都合の良い方向に流されてしまいがちです。ですから、誰でも気づくと必要のないことに囚われてしまうときがあります。仕事でもプライベートでもどこか頑なになってる自分や、悪いフィーリングになっている自分に気づいたら、余計なことにこだわっていないかセルフチェックしてみましょう。

    どんな“こだわり”も、単に「こだわる」という行動に過ぎません。いつでも自分で選択できることを覚えておいてください。

せっかく新しいサングラスを買ったので、早く眩しい夏の太陽が待ち遠しい今日この頃です。

新しいレンズを通して見る景色が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA