雪と桜|アルケミストレシピ|ビューティーマインドフルネス®︎
人生

桜に降る雪

Cherry Snow Blossom.

桜の季節ですね。
暖冬の影響か、咲き始めは早かったものの、意外と満開までには時間がかかった気がします。

また先週末は寒さが戻り、朝からかなり冷え込んでいたので、都心でも雪が降り積もりました。桜に雪、いつもとは違う珍しい光景が、小さな奇跡を感じさせてくれるようにも思えます。

時節柄、例年混雑するようなお花見スポットへわざわざ電車に乗って…というわけにはいきませんが、近所の桜の美しさを楽しむくらいの余裕は持っておきたいものですね。

とはいえ、やはり外出自粛要請が出されている中、先行きが見えず不安を感じている人や、ストレスを溜め込む人がかなり増えているようです。

仕事が進まないこと、止まってしまう(止まってしまった)ことへの不安を抱える人も、したいことができず、行きたいところに行けずストレスフルな人も、そんなストレスが嫌であまり現状を気にしなくなっている、あるいは気にしないようにしてしまっている人も…。

でも、どんなときもその時だからこそ、できることがあります。そして、すべきことがあります。

雨が降っているときに雨の備えをしても遅いのです。
それは晴れているうちに備えておくものです。

晴れた時にしたいことを、晴れてから準備したのでは遅すぎます。
それは雨が降っているうちに準備しておくことです。

晴れてからすれば良いことを、わざわざ雨が降っているときにする必要はないのです。

そして、嵐が来てから嵐の心配をしても意味がありません。
常に上手くいく人は、嵐をどう乗り切るか考え、適切に行動しています。そして嵐が過ぎ、清々しく穏やかな青空が戻った後のことを計画し、準備をしているのです。

今から9年前の3月、アメリカのオーランドにてNLP創始者であるリチャード・バンドラー博士のトレーニングを私は受けていました。

それはそのとき起こりました。
3.11東日本大震災です。

朝早くに集められた日本人チームのもとにバンドラー博士とNLP協会会長のジョン・ラバーユ氏が現れ、彼は言いました。「皆さん、ご家族や大切な人のことが心配でしょう。すぐにでも帰りたいと思っていた方もいるかもしれませんね。でも、帰らないでください。あなたが今帰っても何も変わりません。あなたがこれから学ぶこと、ここで最後まで学び終え、全て持ち帰ることこそが、これから先、大切なあなたと周囲のより多くの人々の役に立つのです。」と。

実際そうであったと、あらためて確信しています。

何か危機に際したとき、パニックや楽観視など、多くの人は周りのムードや今の感情に流されてしまいます。それは、どんな明確なデータに基づく事実も、どんなに論理的でわかりやすく詳細な説明も、人の思い込みと価値観には決して勝てないという原理原則をあらためて証明してくれています。そしてこれは、常にあなたの思考と行動は、自分自身の脳のセッティングによって無意識に決定されているということを意味しています。

正しいと信じる行いをすることや、適切だと思える行動を取ることは、とても簡単です。

実際は、何が本当に正しく、何が本当に適切なのか、それを考え、答えを出すことが意外と難しいのです。そして、おそらく明確な答えを出せる人はいないでしょう。

ですから、これからどう生きていきたいのか、どのような人生のストーリーを創っていきたいのか、この体験の中でどんな自分であったと思うことを望んでいるのか、このことについてあなたは考えてみると良いかもしれません。いつでもあなたが思い描く未来のあなたが、あなたをその思い描いた場所へ連れていってくれるのです。

そしてきっと、そのために必要な正しい答え、適切な答えを教えてくれます。

臆することなく、油断することなく、閉塞することなく、隙をつくることなく、自分のとっての不要不急なことは何か、今一度あらためて考え直してみても良いかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA